上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20140509215345ff2.jpg


 通勤途中の庭先にさくらんぼが瑞々しい実をつけているのを見つけた。
 色は黄色くまだ熟してはいない。
 そう言えばと「黄色いサクランボ」という歌があったなと思い出し、つい口ずさんでしまいたくなる。

     ♬ つまんでごらんよ ワン
       しゃぶってごらんよ ツー
      甘くてしぶいよ スリー
       ワン・ツー・スリー ウーン
      ほらほら黄色い サクランボ 🎶
  てな具合に意味深なサビの部分だけが、やたらとエンドレスで頭の中を駆け巡る。

 この歌謡曲は70年代に流行したもので、当時私は無垢な小学生のひとりに過ぎなかった。
 そんな或る時テレビを見ていたら、ブラウン管越しに丈の短いスカート姿の女の子五人が現れ、いきなりゴーゴーダンスを始めたかと思いきや、お色気たっぷりに あの“黄色いサクランボ”を歌い始めたのだ。
 すると踊るたびにパンツが見えるのではないかと、子供心ながらに随分とハラハラドキドキさせられた。

 あの時のショックは大変なものであった。
 だからこそ今もこうして記憶の彼方で、鮮明にとどまっているのかも知れない。
 そうそうあの歌い出だしの部分もかなりなものである。

     ♪若い娘はウッフン お色気ありそでウッフン
      なさそでアッハン ありそでアッハン♫

 この“ウッフ〜ン”と“アッハ〜ン”の色っぽさがまた子供達には何故か受け、友だちとよく真似てはふざけあったものだ。
 すると当然ながら親は眉をひそめ、あの歌が聞こえようものならばいきなりチャンネルを回す(当時はダイヤル式)暴挙に出るという、初の不測の事態を目の当たりにするのである。

 ところでこのアイドルのグループ名はゴールデンハーフと呼ばれ、その名の通り全員が西洋人とのハーフであった。
 なので日本人ばなれしたスラリと伸びた手脚と、目鼻立ちのはっきりした顔だちはもて囃され、瞬く間にお茶の間の人気を集めることとなった。
 それにお化け番組と称され視聴率の高かった、あのドリフターズの番組にもレギュラー出演すると、さらにPTAは目をつりあげ低俗番組を見させない運動を必死に展開し始める始末である。

201405092153446be.jpg

 どうもこれは全国的な現象のようで、私の父親など小学校に勤めていたおかげで、職員会議において「教育上ふさわしくないものは子供にみせない!」という決議を忠実に、そして厳格に守り通すことになった。
 だから周りの同級生はこうした決まりが緩やかだったのに対し、私だけ翌日の話題についてはいけず随分と悔しい思いをしたものである。
 しかしこうした思い出も今となっては懐かしく、ふとしたきっかけで様々な出来事がフラッシュバックとして呼び起こされるのは、やはり歳を重ねたからなのかとひとり苦笑いなどしてみたりする。

 当時の各家庭ではテレビは一台しかないのが普通で、その前で家族全員が食卓を囲んでいた幼い頃の記憶。
 やがて思春期をむかえ息苦しさばかりが募るようになり、高校を卒業し故郷を後にした時のたとえようのない解放感など、心の奥底にはまだまだだ焼き付けられたままのものが多々眠っている。
 それらのひとつひとつが人生というアルバムに綴られ、時折顔をのぞかせては心の襞をこそばゆく這い回る。
 そうしたことをたまたま思い起こさせたのが、今朝見つけたあの黄色いサクランボのせいに他ならない。
スポンサーサイト
IMG_2945_convert_20140102210535.jpg



 2014年
 新たな年を向かえたと言うのに、とめどなく、そして飽きることなく年末からこのかた呑み続けている。
 それも九州で、或いは新宿の片隅でと・・・
 ところで年頭に気持ちをひき締め思うことは数多くあれど、どうやらこの酒ばかりはそう容易くひかえられそうになさそうだ。
 それでもようやくこの二日目に至り、やや呑み疲れたのを幸いにブログぐらいは更新をしておかねばと、重い腰をあげたる無精さは、この先残りの363日を早くも危ぶむ情けなさである。

 まあ、それはそれとして
 明けましておめでとうございます
 本年もよろしくお願いします
 ・・・とようやく言えた
 これで少しばかり自責の念から解放されたような
 ホッ・・・(*^_^*)
 なんて
 
 さて、昨年からの長崎での弥生時代の墓域の発掘も、いよいよ佳境を向かえようとしている。
 一緒に副葬された遺物に何が発見されるか、また彼らの生きた証にどこまで迫れるか、どうにも肩の荷は増す一方だ。
 それでも自らの手で千七百年前の時の隔たりをとび超え、直接に触れられる彼らの息吹には、言葉に表せられない感動がある。
 まずはこれに専念して、いい成果を導きだしたいものである。

 それとかねてより発表済み論文に、新たに書き綴ったものを加えたものを本にせねばと常々考えていたのだが、無為に日々を重ねるばかりであったのを、まずは反省せねばなるまい。
 これとは別に去年は物語も幾つか執筆してみたのだが、期待通りの評価が得られず残念な思いをした。
 しかし諦めることなく歴史の奥底に忘れられてしまった人々を、掘り起こしてみたい思いは増すばかりである。

photo_convert_20140102202009.jpg


 とつらつら考えてはいるものの、こうも焼酎にフニャフニャ漬けされた脳みそでは、果たしてどこまでやれるやら。
 つい溜息がもれそうである。
 こうした結果が、いい形でここに報告できればとと思うのではあるが゙・・・
 
 ともあれ今年も弥勒堂をどうぞよろしくお願いします。 


くまもん2_convert_20130930001825
ふざけてるのは私です

 今や“くまモン”を見かけない日はない。
 スーパーに買い物にいけば、必ずと言っていいほど、“くまモン”の顔が大きく描かれたパッケージを目にする。
 それもひとつやふたつどころの騒ぎではない。
 お菓子類はもちろんのこと、お米やふりかけ、カップ麺、トイレットペーパ、果てはさらし鯨まで、これでもかと巷に溢れかえっている。

 こうした現象の発端となったのは、“くまモン”の使用料がただである背景があげられる。
 つまり何に使おうが勝手にどうぞと言うことで、また人気も相まっていずれの商品に関係なく、広く用いられるようになったのだ。

くまもん_convert_20130907153554
トイレットペーパーとテッシュに“くまモン”だもん


 つい最近では天皇陛下にも謁見するニュースなど、実に愛くるしい姿で多くの日本国民の心を和ませてくれている。
 皇后陛下が「おひとりで演ってらっしゃるのですか」の質問には、慌て困惑した表情がまた愉快でもあった。

 ところがあれから間もなくして、両頬にあるはずの丸く赤いほっぺを失くしてしまったという騒ぎが起こった。
 落ち込む“くまモン”は、ピーポ君の見守るなか、遺失物届も提出した。
 さっそく渋谷の街頭では、ほっぺを捜しに協力の呼びかけが大型スクリーンに流され、往来する人々の注目を集めたと言うではないか。
 
 一時は私も少しは心配はしたのだが、何故か不自然である。
 そう、自作自演の可能性が感じられ、その背景にはくまモンの大いなる野望が感じられて仕方ないのだ。
 それは日頃から頭の片隅にあった、熊本県人の密かなる計画へと結びついてゆく。
 いや、ここまで来れば、もはやそれは確証に近い手ごたえさえある。
 
 恐るべし“くまモン”
 そしてそれを操る熊本県人なのだ・・・
 などと言いつつも、本日はその疑惑の熊本県出身で、かつての仲間の結婚式に出席して、乾杯の音頭をとらなければならないのである。
 何でもハウステンボス内の運河を航行する船上が会場とかで、スピーチの内容を確認しているふとした隙間に、ほっぺのとれたくまモンの顔が浮かび、つらつらと思いつくままを書いてしまった。

 さて、せっかくの慶びの門出の日でもあり、“くまモン”の本当の狙いはいずれ話すことにして、ご結婚おめでとう。

2013-11-01-193634.jpg
なぜかピーポ君が心配そうな表情のようにみえてしまうのです


2013-10-30-184912.jpg
渋谷のスクランブル交差点のところですね
後ろ姿が寂しそう




※ ずいぶんと更新をさぼってしまいました。ごめんなさい。(-_-;)
 
2013.09.07 休日の朝は



 休日の朝は散歩がてら、近くのスーパーまで出かけるのがすっかり日課になってしまった。
 開店間もなく朝一番のスーパーは、運び込まれたばかりの新鮮食材が積み上げられ、それを店員が手際良く棚に並べていく。
 そこに大勢の客が買い物かご片手に右に左へとするものだから、あちこちで渋滞の続出である。

 野菜などは地元の農家で獲れたものを、生産者の名前を貼り売られている。形こそ悪いが値段は手頃で、野菜本来の香りがあり旨いのだ。
 それに何と言っても楽しみなのは鮮魚コーナーで、赤や青色など鮮やかな色彩のものが、一匹まるまるのまま並ぶ。
 地方では当たり前の光景であるが、東京では切り身をパックしたものが大半で、元の姿形など全く想像がつかない人が多いのではないだろうか。
 ましてや包丁を手に、自分の手で捌くなど問題外の話である。
 
 
 此処長崎県は海岸線が長いと言う事もあり、海の幸が豊富で水揚げ日本一を誇る。
 特に五島で獲れたものは新鮮で、人気もあり、それに珍しい種類が多いので、眺めているだけでも十分に楽しめる。
 なので面白そうなものを発見しては、直感的に調理してみてみるのもまた一興なのだ。

 しかしここで問題なのは、料理をすると直ぐにでも食べたくなるのが情と言うもの、缶ビール片手につまみ食いすればもうほろ酔い気分である。
 あ・・・今日は釣りに行くはずだったのにとか、温泉でゆっくりなんて予定が、ガラガラと音をたて崩れ落ちてゆく。
  
 
katori魚convert_20130907154204


お茶の水博士

 ウオッホン!

 さて、前回のペロリン軍曹について、実はヤモリではなく、イモリかトカゲではないかの疑惑の声があるようじゃ・・・。
 確かにこれらの姿形はよく似てはおるが、全く異なる種なのである。
 そこで分かりやすく説明をすることにしよう。

 まず大きく分けるとイモリは両生類である。
 ところがヤモリとトカゲは爬虫類なんじゃよ。
 そしてイモリが皮膚呼吸をするのに対して、ヤモリとトカゲは肺で呼吸をしておる。

 だからイモリは“井守”とも書き、皮膚を保護するためにも湿潤な水辺を好み、一方のヤモリは“家守”で字の如く家に棲みつくんじゃよ。
 見た目ではイモリは腹側が赤く、ヤモリが白っぽいので一目了然である。


imori.jpg
腹が赤いのでイモリ   

yamori.jpg
腹はよく見えねど、とにかくヤモリなのです


 そしてヤモリは垂直な壁にも張り付ける能力が備わっており、これはトカゲには出来ない芸当なのじゃ。
 それにペロリン軍曹のシルエットは丸っこく、トカゲみたいなシャープさに欠けるようじゃのう。
 だからヤモリと判断したのじゃ。

 おう、そうそう・・・。
 やはりヤモリはゴキブリの天敵であるのじゃが、よくゴキブリホイホイにも捕まる悲しい事故が後を絶たないと聞く。
 下の写真は、そうした憐れな姿であるが、こうならないように注意して仕掛けてもらいたいものじゃのう
(-_-;)

 imagesCADF1QNH.jpg
ホイホイはイモリにとって地雷原なのだ


 それとヤモリに並ぶ名人に、アシダカ蜘蛛がおる。
 これが家に1匹いれば、ゴキブリは根絶やしにされるというぐらい凄い奴なんじゃよ。
 大きなものは子供の手のひらぐらいになり、その能力の高さから人々は敬意をこめアシダカ軍曹とも呼んでおる。
 ということはペロリン軍曹と同じ階級になるようだが、少尉ぐらいにしておいてもらえば良かったかのう。




 
やもりconvert_20130719001756
写真右上に怪しいものが…

 引っ越してから2週間が経ち、ようやく普段の生活が戻ってきたような感がある。
 冷蔵庫と洗濯機とレンジと、それに16型の小さいテレビはレンタルである。
 やはりゴキブリが心配なので、フローリングに直接寝るのは嫌でベッドは購入した。

 そしてここでの快適な生活を送る為の鉄の決め事もつくった。
 とりあえず以下に紹介しておく。

 其の一 食後の鍋や皿はすかさず洗うこと
 其の二 残飯はその都度、ビニール袋に詰めてきつく口を結ぶこと
 其の三 未開封のインスタント食品と言えども、クーラーボックスに収納し、きちんと蓋をすること
 
 次の其の四が最も重要なのだが、もしも敵に遭遇してしまったら、勇気をもってテッシュを片手に立ち向かえなのである。
 だが、現在のところ戦線に異状なし。

 ところが先日、我が緊張状態の部屋窓際にいきなり頼もしい援軍を発見することになった。 
 やもりだ!
 夜の灯りに誘われ来る虫を、じっと動かず狙っているのだ。
 そして長い舌だけを素早く伸ばすと、見事に絡め取る瞬間をガラス窓越しに見せつけられた。

 彼は本物の狙撃兵である。
 ペロリンと獲物を胃の腑に納めると、静かにその場を離れ移動していった。
 寄せ来る敵は幾万あろうとも外の守りは頼んだぞ、ペロリン軍曹。
  
やもり2-4・_convert_20130720221033
ペロリン軍曹参上
 バスタブconvert_20130704144827
膝を抱え、体育座りしなければ浸かれない立方体の湯船なのだ

 次なる苫屋にせっせと荷物を運び込む日々が続く。
 不動産屋はちゃんと掃除をしましたよとすまし顔で言うものの、カビ臭さが漂う部屋にゴキブリの死骸3つを発見したのは昨日のことであった。

 こうなるとその夜の食事は喉を通らず、急ぎ心身を消毒せねばと焼酎をあおる始末となった。
 まあ、これはいつもの晩酌を兼ねているのだが、とにかくゴキブリと蛇は特に苦手で、オジサンのくせに「キャー」と思わず悲鳴をあげてしまうぐらい駄目なのである。

 いや、まだまだある。
 埃を舞い上げバタバタ飛び去る鳩も嫌だし、水面から口だけのぞかせ集団でパクパクする鯉も気持ち悪い。
 こうしてその姿形を思い出しただけでも、何やら背筋の辺りがゾゾゾーッとしてきてしょうがない。

 さて、その引越先のアパートであるが、本格的に住むのは今週末からになる。
 それを思うと憂鬱で、今宵も消毒と称しては、またまた多量の焼酎を服用せねばならぬのだ。
 するとこの消毒液の深淵にどっぷりと身を沈めれば、しだいに鈍化しつつある思考が、まさに究極の対策をあみだす。
 
 な、な、なんと何と見ようによって“ゴキブリ”は、“コオロギ”に似ているという新発見をである(^o^)
 涼やかな音色で鳴かないまでも、あの色と言い、その艶と言い、何処からどう見ても紛れもなくコオロギではないか・・・・・・
 そう懸命に言い聞かせねばならぬ、引っ越し間際2日前なのだ(-_-;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。