上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.30 平兵衛さん
 酒に肴を合わせるべきか、それとも肴に合う酒を選ぶべきか、いま私の中で最も頭を悩ませる種となってきた。
 そもそも問題の発端となったのが平兵衛酢である。
 このあまり聞き慣れぬ名前ではあるが、宮崎県民の間ではかなり好まれて使われる柑橘系の食材だ。

 隣県豊後のかぼ酢と比べて酸味がきつくなく、それでいて豊かでさわやかな風味がある。
 それを沢山頂いたものだから、せっせと毎夜の如く酒にたっぷり絞り垂らす。
 とにかく旨い。
 頂きものだからとお世辞に、媚びているのでは決してない。
 本当に旨いのである。

 
サバ味噌convert_20130930194301
芋焼酎に胡瓜の酢物とサバの味噌煮

 その内にあるまじきことか、私は大いなる罪を犯してしまった。
 何と浮気をしてしまったのだ。
 薩摩の純情な芋子さんから、瀟洒な肥前長崎の麦子さんへと・・・
 どうも匂いに癖のある芋子さんでは、平兵衛さんの良さを上手く(旨く)引き出せなかった。
 世間でよく言うところの、性格の不一致である。
 ならばと癖のない上品な麦焼酎の麦子さんに、つい手を出してしまったのだ。

 こうなるともう止まらないのが人情というもの。
 気がつけば麦子さんの上品さは、逆に物足りなさを募らせてしまう。
 さよなら麦子さん。
 そして遂に魅惑の妖しさで迫る、エゲレス女にまで手を出してしまった。
 Miss.Jinさんである。

 気付いた時にはもはや後戻りのできぬ道。
 毎晩のごとくjinと平兵衛の熱い密会は重ねられる。
 肴は醤油ベースの和風から、カタカナ横文字のjinさん好みへと徐々に変わってゆく。
 いや失礼。
 肴ではない、あえてrelishとでも言おう。

 なかなかやるでないか、日向のいもがらぼくと。  (訳:芋がら木刀 素朴でお人好しな宮崎県男性のこと)
 ♪“ジャガジャガマコッチ エレコッチャ~”  (訳:本当に本当に 大変に驚くべきことだ 宮崎民謡の一節)
 なんてひとり可笑しんでいたら、「これってジントニック」と、たったいま気がつく、ほろ酔い気分の私なのでした。

大根葉convert_20130929120820
jinに大根葉と小海老の炒め物にカマスの塩焼き
スポンサーサイト
ぺんね・_convert_20130831210752
昼間の酒はどうして酔いがはやいのだろう?

 台風15号は九州上陸を目前に温帯低気圧に変わった。
 しかし昨日からの雷雨は半端でないどしゃ降りで、週末は釣りに行こうか、それとも温泉でのんびりなんて迷わなくて済んだ。

 おかげできっぱり諦めもついたことで、朝から原稿に集中できそうである。
 その前に腹が減っては何とやら。。。
 さて、夜も待てそうにないので、昼食を兼ねたダレヤメタイムに決定なのだ。
 あ、そうそう昨日獲ってきたゴーヤが1本あったっけ。

 ところで台風の日は根拠はないがワインと言うことで、それに合うのはこれまた根拠がないイタリアンで、さっそく用意すべく棚をかき回せば、近くのスーパーの特売で買い込んだペンネとオイルサーデンを発見。
 後はパパッと茹でて炒めて、具はゴーヤとトッピングに塩昆布をのせて完成だ。
しかしこれがなかなか美味いので、レシピは以下のとおり

お試しあ~れ


  材 料  
  ペンネ     表示の茹で時間より早めに湯切りしする、炒める時にふやけてしまうから
 オイルサーデン ペンネの量に合わせて適当に 辛いのが好みならたくさんどうぞ
  ニンニク    ひとかけ  臭いのが好きならたっぷりと
  鷹の爪     好みに応じて  今回は3本いれたかな
  ゴーヤ     炒め過ぎると苦みがとび、しんなりとなり歯ごたえがなくなるので注意を
  塩昆布      「ふじっ子」より「塩っぺ」がいいらしい


夏カレー_convert_20130829215640
自家製のコーレーグスを垂らせば辛さは倍増  <(`^´)>

 定番のタマネギ・人参・ジャガイモはもちろん、夏野菜の茄子・オクラをこれでもかとぶち込んだチキンカレーを作ってみました。
 それに忘れてならないゴーヤは、、今回が初めての試みなのです。
 鷹の爪もこれでもかこれでもかと放り込み、いざ食べてみたのだが味は微妙。

 当たり前のことなのでしょうが苦辛い、実に妙なカレーになってしまいました。
 はりきって沢山作ってしまったせいで、たぶんこの先10日間ぐらいは、このカレーを肴にちびちびと呑むことになりそうなのです。
 まあ、何でも肴になるというのと、カレーにゴーヤは合わない新説の発表なのでした。


2013年ゴーヤ、_convert_20130829215452
今年もたくさん実をつけてくれたのです

 ところでいきなり話は変わりますが、焼酎で大好きなコマーシャルがあります。
 銘柄は“黒霧島”で、御存じの方も多いかと思います。
 あの「九州の味とともに」の、黒キリのことです。
 もう、ずいぶんと前からシーリーズで放映され、肴になりそうな九州各地の郷土料理を紹介し続けてます。

 そこに知っている料理があると懐かしく思い、初めて知るものはさっそく出かけて食べてみたくなるから、あら不思議なのです。
 とにかく九州は海山の幸とも食材が新鮮で、調理方法も地域性が豊かなので飽きることがないのは悦ぶべきことなのかも知れません。
 
 しかし3年ほど前のでしたか、短期間ながら広島に住んでいたことがあり、やはりコマーシャルで中国編として広島の牡蠣を使った郷土料理が紹介されていたのを思い出しました。
 と言うことは中部編とか、関東編とかあるのでしょうか・・・?
 いやいや、更に北陸編や東北編、北海道編と・・・
 う~ん。そんなことを考えていたら、今宵も猪口を片手に眠れそうにありません。
 
 とりあえずそのHPを載せておきますので、興味のある方はどうぞ・・・
 ただし呑み過ぎにはご注意をなのです!

http://www.kirishima.co.jp/aji/2011/winter/index.html

kuro-kirishima_img_01.jpg

イイダコ_convert_20130823084918


 大村湾で獲れるイイダコは美味いので有名だ。
 それを地元の方に頂き、さっそく酒の肴とする。
 今年は異常に暑いせいで、赤潮が発生したりしてなかなか獲れないそうだ。

 このイイダコとは10㎝前後の小型で、飯ダコとも書き、胴の部分に米粒のような卵がいっぱい詰まっていることからこう呼ばれている。
 今回はまだ産卵前のシーズンで残念だが、本来なら茹でたものを酢味噌を付けて食すと格別なのである。
 
 それとやはり貰った茄子と、いま苗から育てているゴーヤで味噌炒めも作ってみた。
 やはり夏はゴーヤがなければ始まらない。

 そう言えばエギの代わりに、ラッキョウに針をつけたものでタコを釣るのを、何かで読んだ記憶があるのだが、今度試してみるのも面白そうである。
120908_1926~001
2012年9月8日のダレヤメ

 最近よく足がつることが多い。なので鉄分補給にと南瓜のソボロ煮を作ってみた。そして今回のメインデイシュは頂きものの竹崎カニである。この前からナマズやスッポンと珍しいものを頂いてばかりで、ここは本当に自然に恵まれた土地であることを食材を通し実感させられる。
 さて竹崎カニのことであるが、これは有明海で獲れる“ガザミ”と呼ばれるワタリガニの一種で、夏から秋にかけてが美味い時期になるらしい。形は甲羅が横長の菱形をしてるのが特徴で、小さいながらも小味がある。本当は日本酒が合うのであろうが、残念ながら我が部屋には焼酎しか置いてない。
 そろそろ猪とか鹿などで一杯やりたいものだが、自炊暮らしを心配して頂いてる心優しき長崎の方々、どうぞ宜しくお願いします。
 
120819_1918~001
2012年8月19日のダレヤメ

 故郷を後にする際に焼酎のショウケ(肴)にと、母親手作りの煮しめとニガウリの漬物、そしてダッキショ(塩茹での落花生)を詰めたものを渡された。今晩はそれを肴に焼酎を注げば、この帰郷中に随分と太ってしまったような気がしてならない。ためしにお腹周りを撫でてみると、やはり勘違いなどでないのを思い知らされる。それでもまあいいかなどと、明日からの炎天下での厳しい作業を考えれば、これくらいなんとかなるだろうとさらに頬張るのであった。
 
 ところで今回は思わぬ新発見をしてしまった。それはダッキショのことで、今住んでいる長崎県大村市でも同じ調理法のものが好んで食べられ、郷土料理のひとつとして紹介されていることだ。しかしそれはおかしい。なぜなら、これは鹿児島に伝わる独特な食文化のはずで、なぜ遠く離れた大村という限定された狭い範囲だけにそれが存在しているのか不思議でならない。

 だが、仮説のひらめきはいきなり訪れた。いつものように実家のダレヤメにはダッキショがテーブルにあり、その殻を割りつつ数年ぶりに呑んだ同級生の事を考えていた。そういえば彼は自衛官で、最初の赴任地が大村の駐屯地だとか言っていた。まさに点が線として繋がった瞬間である。となればダッキショは、自衛官を多く輩出する鹿児島出身者によって、もたらされた可能性が極めて高いということになる。「ダッキショの食文化にみられる分布論」、これは案外にいけるかも知れない。
120808_2051~002
2012年8月8日のダレヤメ

 本日は鱚が安くなっていた。昨日のメリケン粉(今は小麦粉というらしい)をそのままにしていたので、天婦羅にしてみた。さすがにカラリと揚げるのは難しいが、それでも美味しい肴となった。
 それとすっかりこの夏の定番となってしまった油ゾーメンと、昨夜作って冷蔵庫で冷やしておいたパンプキンサラダを添えてみた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。