FC2ブログ
2012.01.14 日帰り湯
014_convert_20120113024122.gif


鳴子温泉は山の中。
たどり着いた時には、辺りはすっかり闇に覆われていました。
目指す共同浴場を訪ね、滑りそうな雪道を足元を確かめつつ慎重に歩きます。
番台で150円と格安な入浴料を払うと、夕食を終えたばかりの地元の人もちらほらとやって来ます。
かけ流しの湯煙のこもる薄暗い明りの下で、静かな時間が流れていきます。
誰もが顔見知りのようで、たわいのない話に花も咲きます。

「日帰り湯 タオル片手に 集い来る 馴染みの顔に 心もほぐる」

にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2012.01.14 瞳が嬉し
011_convert_20120114232436_20120114233302.gif


世界遺産に登録されることになった中尊寺の片隅での雪景色。
一面を雪に覆われた中にあって、柿がたわわとなっていました。
鳥さえも啄ばまぬとは、よほど不味いのでしょうか・・・
しかしよく熟れし柿は、私の眼には鮮やかで嬉しい感動を与えてくれました。

「白雪に たわわと実る 赤き柿 見るも鮮やか 瞳に嬉し


にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
にほんブログ村