上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.29 「よだきぃ」
saigoudousyasin.jpg
鹿児島市城山 西郷隆盛終焉の地

images.jpg
東京上野 

 どちらも西郷隆盛の銅像だが、地元では凛々しく軍服に身を包み、片や上野の方は浴衣に愛犬を連れた親しみやすい姿である。
 鹿児島が出身の私には終焉の地である城山に建つ姿が馴染みなのだが、おそらく多くの方々は上野の西郷さんの方がすぐに頭に浮かぶことであろう。
 ということで西郷隆盛の話を特にするつもりではないのだが、少し方言について何かしら記しておきたいと発作的に感じたので、とりあえずカゴンマ弁イメージ代表ということで西郷さんに登場して頂いたのである。

 ちなみに私は高校を卒業するまで鹿児島で育ったが、確か小中学の頃であるが方言は社会に出てから弊害があるといくことで、当時の教育方針で矯正させられる時期があった。
 世の中はまだまだ好景気で、中卒が金の卵ともてはやされた時代だ。卒業まじかになると、雇用者から貰った腕時計を自慢げに、ひと足早く大人になる友人が羨ましく思えてしかたなかった。
 今では考えられないそういう時代である。何も鹿児島に限らず、地方からは毎年のごとく多くの若い労働力が汽車に揺られ都会へと夢を馳せた。
 そうした時代であるから、難解な鹿児島弁は他の地方出身者とはコミュニケーションをとる上で、大きな妨げになったであろう。しかし鹿児島弁は江戸時代において、幕府をはじめ他者の隠密活動を防ぐための作為的言葉であるから分かりづらくて当然なのだ。
 会話をしている途中で、疎通ができなくトンチンカンな話になれば大変な事で、怪しい奴と捕えられ打ち首である。実際に幕府の命で薩摩の領内に赴く密偵は、薩摩飛脚ともいわれ片道の覚悟であったようだ。

 ところで私は沖縄を旅してると、あの独特のイントネーションに鹿児島弁の懐かしさを覚えることがある。あの微妙に波うつ語感の抑揚感はがそうだ。もちろん同じ発音の名詞もある。例えば魚を「ョ」とか探せばいっぱいある。
 しかし、客を迎える「ようこそ」は、「おじゃったもんせ」と、これは京言葉の名残りである。さらに「黄色」は「きな」の古い言葉で、まさに乾燥した大豆を粉にした「黄粉」にも通じる。
 かと思えば腐ったものを「ねまる」というが、これは福岡は博多でも使われる。さらに疲れたことを、「よだきぃ」とかいうが、これは今でも大分県内ではよく使われる言葉だ。
 さて、このコラムを書こうと思い立ったのも、実をいうと生粋の鹿児島である両親が、何気なく「今日はグランドゴルフで頑張ったからよだきぃかね」といったのがきっかけだった。
 つまり鹿児島は九州の最南端にあることが、京の雅な流行語や九州各地の方言の袋小路となり、そこに意図的に難解な琉球の言葉をとりいれたのだと思うのである。

 随分と前に沖縄の今帰仁を旅した時に、ふと立ち寄った露店のオバアとそこに帰ってきた娘の会話は全く理解できなかった。そして不思議そうな顔をしている私に、「わからないでしょう」とオバアは愉快そうに笑いかけた。 旅すれば、それだけ様々な言葉に出会える。懐かしい言葉、面白い表現、生まれたての新たな造語。   
スポンサーサイト
2012.04.25 里の春
里の春・_convert_20120425225642

 国東半島は山の中。豊後水道にたんこぶみたいにとび出た、中央に小高い山を頂く地形だ。
天気の良い日には四国も見渡せる。
 この山里には多くの寺がひっそりと佇んでいる。いたる場所で断崖に仏の姿が刻まれ、長年の
風雪に耐えてきた風情が辺りを包みこむ。古くは厳しい修行を重ねる、修験僧が籠った聖なる地
なのである。
 しかし、面白いことに鬼も同居する。奇祭といわれるケべス祭りは、鬼に扮した地元の人が
松明を抱え見物する人々に火の粉を降り散らす。
 仕事の合間にふらりと訪れた寺の奥には、その祭りで使われる大きな松明が積み上げられていた。
いつか機会があれば見物してみたいものだ。
 さて、この仏と鬼の住む町の小さな蕎麦屋で、お昼をとることにした。10人ほど先客がいて、
その注文をおばあちゃん二人が厨房の奥でばたばた忙しなく追われている。しかし手よりも口の方
がよく動くようで明るい笑い声が絶えない。そしていつまでたっても先客の蕎麦が出てくる気配が
ない。
 こちらも席に着いたはいいが、なかなか注文さえも取りに来てもらえず、忘れられたのかなと少々
不安になりだした頃、ようやくお盆にお茶をのせてやってきた。
 山里にはゆったりとした時間が流れている。

「水ぬるむ 若葉萌えいで 里の春 鬼も暮らせば 仏も住まう」
2012年4月19日 福岡空港のおでん屋にて
120419_1841~001

 今宵は福岡空港で羽田行きの飛行機待ち。
 少し早く着いたので、いつものおでん屋でダレ止め。
 まず、肴は郷里の鹿児島でよく食べたきびなごを迷わず注文。
新鮮なものは腸わたを爪先で手早く割き、それを大皿に放射線状に並べ
れば、きらきら銀燐に輝くのを酢味噌に付けて食べれば最高である。
 しかし残念ながら揚げたものしかなく、それでもほのかな苦みに冷え
たビールは、至福のひとときを与えてくれるのでした。

120419_1902~001

 お次は本命のおでん。
 やはり最初に注文するのは、汁がよく浸み込んだ卵、厚揚げ、大根でしょう。
 やはり博多のおでんは、ダシがよく出てなかなか旨い。
 次にスジとごぼ天・・・。
 おやおやだんだん調子がでてきたようだ。

 さて、皿の脇には辛子がたっぷり盛られているが、九州ならば柚子胡椒もありでしょう。
などと呟きながらひとかじりふたかじり。
 あ、そうそうと思い出せばバッグの中には、大分の道の駅で買い求めたカボス胡椒が一瓶
転がっている。
 醤油の代わりに刺身に付けて食べるも良しで、柚子より香りが強く、クセになる味だが、
まだ知名度は低いようで、あまり店先でも見かることがありません。
 
 ぐびぐびとビールを呑み干せば、今度は“赤霧”の通称で親しまれる、季節限定の
赤霧島のロックをひとつ。
 癖のある風味で、焼き芋のほのかな香りが湯気となって鼻の奥をくすぐる。
 後は、飛行機で寝るだけだ。
 
2012.04.16 咲けよ咲け
3_convert_20120417005056.jpg



 先週の花見では何処にぶつけたのか、翌日見たら脛に大きな擦り傷が出来ていた。
呑み過ぎたせいか、全く気がつかなかった。
 という訳で少しばかり反省して、今週はアルコール持ち込み禁止の新宿御苑を散策
することにしたのです。
 見ごろはやや過ぎ、葉桜になりつつあったが、それでも大勢の人で賑っていました。

「咲けよ咲け 空いち面に 薄紅に 染めし後には 儚く散りぬ」
2012.04.16 ひらりひら
2_convert_20120416215848.jpg


ひらりひら、ひとひらの花弁が目の前を散ってゆきます。
咲くのが待ち遠しく、咲けば散るまでどのくらいかが気になりはじめる。

「藍の空 散る時を知る ひらりひら 弥生の風に ゆく春惜しむ」
2012.04.09 風誘う
鬚ィ隱倥≧_convert_20120409133409


 煌々とした灯りの下、あちらこちらの鉄板から白い湯気がたちあがります。
 ジューツと音をたて、鼻を擽る芳ばしい香りが辺りには漂います。
 発電機の唸り声、行き往う人々の楽しそうな笑い声。
 なにもかもが春なのです。
 
「芳ばしき 焦げし甘たれ 風誘う ビール片手に 並びし花見」
2012.04.09 春の宵
春の宵

土曜日の都心は花冷えで少し肌寒く感じましたが、それでも桜はまさに今が見ごろの盛り。
昼間の酒は何故か酔いが早いもので、それでも気がつけば芝公園には宵闇が迫る時刻となりました。
 すると東京タワーもライトアップされ、一段と花を添えてくれるのです。

「春の宵 夜空に映えし 薄紅の 杯を重ねば 時も忘れる」 

 
2012.04.05 春の嵐に
譏・縺ョ蠏・1_convert_20120405171218

 4月3日。春の低気圧は台風なみの暴風雨を伴い、日本列島を西から東へと一気に駆け抜けていきました。横殴りの雨に、傘は全く役にたたず、遂には骨が折れ曲がる始末です。
 東京でも昼を過ぎた頃になると雲行きが怪しくなり、早々と仕事を切り上げ帰宅を急ぐ人々が駅に詰めかけて、まるで朝夕のラッシュのような混雑となりました。
 と云うことで私も遠慮なく早々と帰り支度をするなか、蕾をつけた桜のことが少し気になりました。いつもの年ならば、大濠や西公園で花見を楽しんでいたのですが、今年は満開のニュースが届いた矢先の出来事で、少しばかり福岡の事も気になります。
 東京はと云うとまだ蕾の状態ですが、咲かす事なく散るのか・・・。
 さてさて、一夜明ければ快晴の春の陽気漂うビルの谷間街には、使い物にならなくなった無残な傘の山が至るところでみられたのです。

「傘させど 春の嵐は 情けなし 骨折れ裂け 花散りぬれぬ」
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。