FC2ブログ
img01.jpg
 


 「五月蠅い」と書いて、「うるさい」と読む。
 10月も後半に入ると、ここ九州も涼しいから肌寒いへと体感温度の感覚が移りゆく。
 それでも時折、思い出したように姿を現す蠅がいて「十月蠅い」のだ。

 こういう時に長崎県出身者は「やぐらしか!」と大声で叫ぶ。
 つまり「うるさい!」なのだ。
 ところが鹿児島は少し違い「せがらしか!」なのだ。

 下の語の「・・・らしか」は、おそらく「・・・らしい」というような、その場の様子や状態を表現しているのだと想像する。
 例えば「しおらしい」とか「おとなしい」のように。
 それを最後に“か”を付けて言いきるところが、歯切れよくいかにも九州ぽいのである。

 ちなみに「やぐらしい」とか「せがらしい」と、実際に叫んでみて欲しい。
 すると“い”という母音は、“か”が含む“あ”のと母音に比べて語尾が頼りなく流れてしまうのに気づかされる。

 試しにさ行では、「やぐらしさ」と「やぐらしし」となる。
 まあ、このような使い方はないが、どうだろうかどちらが強調的に発音できるだろうか。
 ちなみにちなみに“た行”では、「やぐらした」と「やぐらしち」だ。
 ちなみにちなみに“な行”ではとやりだしたら切りがないので、後はご勝手にどうぞ。

 さて九州内で広く使われる類似した言葉に「しゃしい」なるものもある。面倒だとかのニュアンスもあるが、これも語尾に“あ”の母音をもつ“か”を付ければより感情的な雰囲気になる。
 「しやぁしカッ!」
 試しに九州の友人がいれば使われてみたらいい。
 但し如何なるトラブルになっても、責任は負かねるが・・・。

 余談ながら「やぐらしい」の頭の“や”をとり、「ぐらしい」となれば、鹿児島弁では可哀そうの意味になるのだ。
 しかしながら悪い言葉はすぐに覚えてしまうのは子供と同じようで、まだまだ暫らくはネイティブな長崎弁と付き合うことになりそうだ。
スポンサーサイト