FC2ブログ
2012.12.31 筆とりぬ
蜀咏悄2_convert_20121231113708
年末の郵便局はどこもおおわらわだ。重そうに息を切らし贈物の小包を抱えた人々、年賀状を買い足したり、投函したりと往来が絶えることない。

     年の瀬に 
       ため息ひとつ
         筆とりぬ



 大晦日を目の前に、ようやく年賀状を書き始めた。
 それは「筆とりぬ」と言うほど大層なことではなく、ネット上で配布されているテンプレートを利用し、後は昨年の住所録をそのまま引っ張り出してきて、順次にプリトしていけばいい話なのだ。ところが、それだけのことをなかなか出来ずに、ついこの日まできてしまったしだいである。
 いや出来ずにいたのは言い訳で、いつでも出来るとたかを括っていただけの話なのだが・・・。
 おかげで、私の送った年賀状は、今年も元旦に届くことはない。

 そんなこんなで今年最後となった一日を、相変わらず向上しない我が身を憂いつつ過ごしているのである。
 ともあれ、この一年拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました。
 どうか来年が、皆々様にとつて素晴らしき年となりますように。
スポンサーサイト