FC2ブログ
 それぞれの土地には、それぞれ独特の空気感なるものが存在する。
 それは地理的な制約に根ざしたものであったり、或いは気候的な特色、歴史的
背景が長い歳月の中で醸造され、個性ある地方文化として育まれてきたもののよ
うな気がする。
 だから旅先でそうしたものを、思わず見つけた時の嬉しさは長く忘れられない。

 ところで、私の好きな民俗学者に宮本常一がいる。
 彼はそうしたものを見つける天才であった。
 例えば初めて訪れた土地があれば、まず小高い丘に登り、町の風景を眺めること
で、そこがどのような土地なのかを肌で感じとるのを習慣としていた。
 私にはそうした特別な嗅覚は、残念ながら備わってない。
 だが、実際にこの目で見て、面白いなと感じる風景はある。

 そこで今回はマチの色について、少し紹介してみたい。
 日本酒で有名な東広島。いや前の地名で呼んだ方が分かりやすいだろうから、西
条を訪れると立派な家が多いのが目につく。それらはいずれも赤瓦の屋根で、田んぼ
の中に出城のようにポツンポツンと浮かぶ風景には驚かされる。
 何でもここは広島県内でも雪の多い地域ということで、放熱効率の高い赤瓦が選ば
れると聞いた。
 それなら黒瓦の方が良いのではと私は思うのだが、地元の方がそう言うのなら仕方
ない。

赤い屋根_convert_20130611105038


 西隣の山口県にも独特な色へのこだわりがあるようで、わざわざガードレールが黄色
く塗られている。
 こちらはヒマワリの黄色をイメージしてのようである。
 何故ヒマワリかは調査不足なのでまたの機会として、全国的には白が普通なのに車を
走らせているとどうも違和感を感じて、こちらも仕方ないのである。

黄色いガードレール_convert_20130611102316

 つまりは仕方ないことでも、こうやって眺めてみると案外に面白いものなのである。
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/140-ff19d1bf