FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.18 浮世花
放虎原処刑場_convert_20130618063742

露草を 
 血潮に染めん
  浮世花


 万治3(1658)年、旧暦の7月27日。411名の潜伏切支丹が斬首された。
 彼らは大村藩の郡村に暮らす名も無い普通の百姓に過ぎなかった。
 だが幕府は禁教令を犯した罪で、村ごと608名の捕縛した。

 郡崩れの始まりである。
 当然ながら幕府の取り調べは厳しく、牢内で死んだ者78名、永牢20名、
転んだ者99名。残りの老若男女は処刑と相成った。

 刑は大村藩とその周辺諸藩で、同日の真夏の盛りに粛々と執り行われた。
 その放虎原処刑場跡に立つ。
 記念碑の向こう側には梅雨も明けぬのに早くも入道雲が湧き、あの日も
このように蒸し暑かったのだろうかと思いを馳せてみる。

 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/141-4b10f410
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。