FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
800px-Cockroachcloseup_convert_20130630183345.jpg
この写真を掲載させるだけでも、どうか私の勇気を讃えて、温かい拍手を下さいませ 

 これから翌年の3月まで住むことになるアパートに、本日はリースした家電製品の受け取りをするため初めて行ったのだ。
 その外観はもろに昭和の建物で、名称も後ろにハイツとなどと付くから、まさに想像どおりであった。
 さて室内はと言えば今風に畳敷きをフローリングにリフォームこそしてあったが、間取りはまさに、あの“かぐや姫”の世界そのものである。
 これではキャベツばかり、かじらなければならないではないか。(たぶん40代後半以上でないと分からない)

 まあ、田舎育ちで、貧乏学生でもあった私なれば、この程度のことならまだ我慢できよう。
 いや、我慢しようではないか。
 しかし、今は姿こそ見えないが、あの虫の独特な臭いがしてならない。
 そう、アマメだ。

 まだ私が幼少の頃の話である。
 鹿児島では夕食時になると、あまめがゾロゾロ現れて、食卓は大変な騒ぎとなるのが常であった。
 初めこそカサカサと遠慮気げに部屋の隅で音をたてていたのが、暫らくすると平気で辺りを徘徊して回る。
 すかさず新聞紙を丸め叩き潰そうものなら、逃げるどころか逆に襲いかかるように飛んで来る。
 その大きさも半端ではなく、子供の手のひらぐらいはあるのだ。

 もはやこうなったら食事どころではない。
 「おい、そっちに行ったぞ」などと、家中が大騒ぎとなる。
 既に知識豊かな方々であれば“ゾロゾロ”とか“カサカサ”の擬音からして、いったい何を指し示しているかはおおよそ想像の通りである。
 そのアマメこと、ゴキブリは、人間にとって遠い昔から嫌われものであり、言いかえれば身近な存在でもあったのだ。

 さて、ゴキブリの語源は“御器(食器)かぶり”で、器に残った滓にかぶりつくという意味からつけられた。
 それは明治まで使われていたらしいが、或る辞典で誤植されゴキブリとなったと言う。
 ところで南九州ではゴキブリのことはアマメと呼ぶ。
 九州でも長崎では“ボッカブリ”、佐賀では“ゴッカブイ”と、ゴキカブリが変形したパターンが多いようだ。
 面白いのは沖縄の“トビーラー”で、その言葉通りの生態がイメージでき面白い。

 ところでアマメのことであるが、三重県の志摩地方でも“アマ”とか似たような表現をするらしい。
 どうして遠く離れた二つの地域で、似たような言葉が存在するのか考えた時に、これは古来からの言葉でないかを疑わねばならない。

 つまり南九州は列島本土の最南端にあり、中央より伝播される文化の袋小路の地理的環境にある。
 すると昔の言葉がそのまま定着してしまった可能性が考えられる。
 そして中央に近かった志摩の方も、何かの要因で古来の言葉がそのまま残った可能性が窺えるのだ。

 ほら、スーパーでもよく見かける「きな粉」もそうで、見たととおり“きな”は黄という色を表す。
 そして南九州では黄色を表現する時に、よく“きな”なんて言うが、これも古い言葉の名残りである。
 これ以外にも古い言葉がそのまま残り、今でこそ方言として残っている例はまだまだ多い。

 そうした現象は南九州に限らず、全国的に存在しているはずだ。
 今風に言えばお洒落な京のトレンドな言葉を懸命に真似し、しかし流行が去っても使い続けるようなである。 
 ちなみにゴキブリについて話を戻すと、最近まではアブラムシとして表現される方が多かった。
 ところが『ゴキブリホイホイ』なる、害虫駆除の商品が登場してから、どうやらこちらの呼称の方が全国的になったようである。

 などとここで幾らウンチクを述べたところで、今週末からはあのアマメの気配が漂うアパートに移り住まなければならない。
 すると夜中に寝ている私の枕元を、カサカサされたらと想像するだけで、眠れぬ拷問の夜が待ち受けているようで優鬱になるばかりである。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/146-d6168b10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。