FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.23 かべちょろ
 ヤモリの話が続いてしまい恐縮ですが、色々と調べていると面白いものです。
 やはり古来より人々の生活圏身近に生息しているせいでしょうか、地方により様々な名前で呼ばれているようです。

 聞いた話では関西圏は“ちょろじ”とか言うそうで、なんだか可愛らしく親しみが込められているようにも思えます。
 沖縄では島ごとによって言い方が異なり、代表的なもので本島は“ヤールー”、宮古島では“ヤードゥ”ーや“ヤーズミ”と呼ばれています。
 つまり「ヤー」は「家」のことを指し示し、「家守」とは同義性が窺えます。
 またヤモリは「宮守」とも書かれ、寺社でもよく見かけられることから、身近な存在として受け入れられてきた歴史が感じられます。

 一方の捕食される側のゴキブリについては、特に病原菌を媒介するような有害性はありませんが、ただ気持ち悪いというだけで“不快害虫”の烙印を押されてしまいました。
 そう考えるとヤモリと同じ身近な存在であったはずなのに、仇みたいに嫌われる哀しさには同情せずにはいられませんが、どうやっても嫌なものは嫌いなのです。

 そう考えると人の感情とは勝手なもので、爬虫類の嫌いな人にとって究極の選択をするなら、いやゴキちゃんの方がまだましだと声を大にしたい人も多いでしょう。
 事実、ペットとして飼育している方もいるようですから。

 ところで福岡を中心にした九州地方では、“かべちょろ”と独特な言い方をします。
 壁をちょろちょろ動き回る仕草がイメージでき、これも愛らしい名前ですよね。

 ついでながらアシダカ軍曹は、鹿児島の実家では“こぶ”とか言って、益虫として大切にしていました。
 私はそのせいか蜘蛛にはさしたる恐怖は感じませんが、世の中にはこれほど怖ろしい生物はいないくらい、過剰に反応する人もいます。
本当は人ほど我儘な生き物はいないのに・・・
 
imagesCARXY9KR.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/157-11248666
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。