FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.12 丘より眺む
P1140262_convert_20130909221946.jpg
佐賀県武雄市玉島古墳

 いにしえの
   丘より眺む
     稲穂波


 かつてこの地を治めた為政者も、山に囲まれた狭隘な平野に揺れる稲穂の波を、 こうして眺めていたであろうか。
 それは1500年も前の話。
 私が生まれるずっとずっと前のこと。
 いや、私なる存在が、この同じ時間軸上の先に存在し得るのかすら予測できない、天文学的な奇跡を信じなければ語れない過去の物語。

 例えば先祖の誰か一人でも欠けたとしたら、此処にいま存在する私は、つまり跡形もなく消え失せてしまう。
 そんな危うい演算と偶然の延長に、この必然たるひとつの命は紡がれてきた。
 縦の糸と横の糸。
 絶妙なる織りは、再び連綿たる織を紡ぎ出す。
 私の私なる存在は、次なる私の私達なる存在として未来永劫に巡り続ける。
 だからこそ私 はこの稲穂の波を 、過去に遡り眺めていた記憶を手探りせずにはいられない。
 小さな丘に埋葬され記憶が途絶える以前の、遠い遠い懐かしき思い出を探しに・・・
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/175-a9839f30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。