FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.30 平兵衛さん
 酒に肴を合わせるべきか、それとも肴に合う酒を選ぶべきか、いま私の中で最も頭を悩ませる種となってきた。
 そもそも問題の発端となったのが平兵衛酢である。
 このあまり聞き慣れぬ名前ではあるが、宮崎県民の間ではかなり好まれて使われる柑橘系の食材だ。

 隣県豊後のかぼ酢と比べて酸味がきつくなく、それでいて豊かでさわやかな風味がある。
 それを沢山頂いたものだから、せっせと毎夜の如く酒にたっぷり絞り垂らす。
 とにかく旨い。
 頂きものだからとお世辞に、媚びているのでは決してない。
 本当に旨いのである。

 
サバ味噌convert_20130930194301
芋焼酎に胡瓜の酢物とサバの味噌煮

 その内にあるまじきことか、私は大いなる罪を犯してしまった。
 何と浮気をしてしまったのだ。
 薩摩の純情な芋子さんから、瀟洒な肥前長崎の麦子さんへと・・・
 どうも匂いに癖のある芋子さんでは、平兵衛さんの良さを上手く(旨く)引き出せなかった。
 世間でよく言うところの、性格の不一致である。
 ならばと癖のない上品な麦焼酎の麦子さんに、つい手を出してしまったのだ。

 こうなるともう止まらないのが人情というもの。
 気がつけば麦子さんの上品さは、逆に物足りなさを募らせてしまう。
 さよなら麦子さん。
 そして遂に魅惑の妖しさで迫る、エゲレス女にまで手を出してしまった。
 Miss.Jinさんである。

 気付いた時にはもはや後戻りのできぬ道。
 毎晩のごとくjinと平兵衛の熱い密会は重ねられる。
 肴は醤油ベースの和風から、カタカナ横文字のjinさん好みへと徐々に変わってゆく。
 いや失礼。
 肴ではない、あえてrelishとでも言おう。

 なかなかやるでないか、日向のいもがらぼくと。  (訳:芋がら木刀 素朴でお人好しな宮崎県男性のこと)
 ♪“ジャガジャガマコッチ エレコッチャ~”  (訳:本当に本当に 大変に驚くべきことだ 宮崎民謡の一節)
 なんてひとり可笑しんでいたら、「これってジントニック」と、たったいま気がつく、ほろ酔い気分の私なのでした。

大根葉convert_20130929120820
jinに大根葉と小海老の炒め物にカマスの塩焼き
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/183-11976ad1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。