FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くまもん2_convert_20130930001825
ふざけてるのは私です

 今や“くまモン”を見かけない日はない。
 スーパーに買い物にいけば、必ずと言っていいほど、“くまモン”の顔が大きく描かれたパッケージを目にする。
 それもひとつやふたつどころの騒ぎではない。
 お菓子類はもちろんのこと、お米やふりかけ、カップ麺、トイレットペーパ、果てはさらし鯨まで、これでもかと巷に溢れかえっている。

 こうした現象の発端となったのは、“くまモン”の使用料がただである背景があげられる。
 つまり何に使おうが勝手にどうぞと言うことで、また人気も相まっていずれの商品に関係なく、広く用いられるようになったのだ。

くまもん_convert_20130907153554
トイレットペーパーとテッシュに“くまモン”だもん


 つい最近では天皇陛下にも謁見するニュースなど、実に愛くるしい姿で多くの日本国民の心を和ませてくれている。
 皇后陛下が「おひとりで演ってらっしゃるのですか」の質問には、慌て困惑した表情がまた愉快でもあった。

 ところがあれから間もなくして、両頬にあるはずの丸く赤いほっぺを失くしてしまったという騒ぎが起こった。
 落ち込む“くまモン”は、ピーポ君の見守るなか、遺失物届も提出した。
 さっそく渋谷の街頭では、ほっぺを捜しに協力の呼びかけが大型スクリーンに流され、往来する人々の注目を集めたと言うではないか。
 
 一時は私も少しは心配はしたのだが、何故か不自然である。
 そう、自作自演の可能性が感じられ、その背景にはくまモンの大いなる野望が感じられて仕方ないのだ。
 それは日頃から頭の片隅にあった、熊本県人の密かなる計画へと結びついてゆく。
 いや、ここまで来れば、もはやそれは確証に近い手ごたえさえある。
 
 恐るべし“くまモン”
 そしてそれを操る熊本県人なのだ・・・
 などと言いつつも、本日はその疑惑の熊本県出身で、かつての仲間の結婚式に出席して、乾杯の音頭をとらなければならないのである。
 何でもハウステンボス内の運河を航行する船上が会場とかで、スピーチの内容を確認しているふとした隙間に、ほっぺのとれたくまモンの顔が浮かび、つらつらと思いつくままを書いてしまった。

 さて、せっかくの慶びの門出の日でもあり、“くまモン”の本当の狙いはいずれ話すことにして、ご結婚おめでとう。

2013-11-01-193634.jpg
なぜかピーポ君が心配そうな表情のようにみえてしまうのです


2013-10-30-184912.jpg
渋谷のスクランブル交差点のところですね
後ろ姿が寂しそう




※ ずいぶんと更新をさぼってしまいました。ごめんなさい。(-_-;)
 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/187-6ef29ea1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。