FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いきなり或る女性からこんな質問をされた。
 「蛙のことをドンコビッと言うのですか」
 彼女は元々は関西の出身で、全く縁もなかった土地である鹿児島の大学を卒業していた。
 だから鹿児島の方言はある程度は理解できていたのだが、このドンコビッだけは初めて聞いた様子であった。
 そう、鹿児島では蛙のことをドンコビッ、もしくはドンコビッチとも言う。
 ちなみに言葉の間に「•」を付けてみれば、“ドン•コビッチ”と、あら不思議ラテン系風の名前になるから面白い。

 ちなみに、ちなみに黒板消しのこともラーフルと言う。
 小中学校の休み時間は、ラーフル係りが決められ、教室の外に出てパンパンと粉を叩き出して綺麗にしていたものだ。
 このラーフルの語源は、ポルトガル語もしくはドイツ語らしく、明治維新後に定着した言葉なのである。
 だから私は黒板消しなどと一度も言ったことがない。
 いや、ラーフルが、共通語だとてっきり信じていた。

 話は変わるがNHKの大河ドラマで八重の桜を観ていたら、同志社大学の前身である英学校に入学してきた、熊本出身の学生の挙手の仕草には驚いた。
 彼らは非常に優秀な学生達で、いわゆる熊本バンドと呼ばれていた集団であった。
 そして後に有名になる徳富蘇峰らが、人差し指を真っ直ぐにつきあげ手を挙げるのである。
 どうやらこれも西洋式の仕草らしいのだが、間違って掌を裏返し、中指でも突き立てようものならば、とても恐ろしいことになりそうである。
 
 兎にも角にも九州は早くから西洋の文化を取り込むことで、それが幕末に至っては近代兵器を手にし、二百五十年の長きにわたった幕藩体制を崩壊させていくのである。
 つまり、いかに九州が先進地であったかを、何気に自慢などしているのだが・・・
 ちなみに、ちなみに、更にちなみに親指と人さし指と薬指であれば、まことちゃんである。
 「グワシッ」

 どうも話がとりとめなく、そして果てしなく馬鹿馬鹿しい方向性に向かいつつあるが、ドンコビッはたぶん外来語ではないと思う。
 久々に耳にした故郷の懐かしい言葉に、ウオッカを煽りすぎた“ビンタ”(頭)は、とりとめもなくふやけ、そしてまたもや暴走し始めているようだ。

imagesCAZY734Z.jpg



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/188-3f66831a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。