FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.04.26 藤棚仰ぎ



雨あがり 藤棚仰ぎ 白き雲

 さてもさても数日でこんなにも成長するものかと改めて驚かされる。
 ついこの間まで貧相な蔦が格子状に竹で組まれた天井に絡みついていたと思いきや、いつの間にか紫色した怪しい塊をつけ始めた。
 その獣の尖った鉤爪にも似たものは見る見る間に膨れあがり、やがて全身が鱗みたいなもので覆われたものへと姿を変えていくのに気づいたのは最近のこと。
 よく見ると鱗みたいなものはひとつひとつが小さな蕾であるこよが分かり、やがてそれらは鈴なりの房を形作った。
 藤だ!

 いつもは風にユラユラと心地よさそうに揺れている姿しか見たことがなく、こうした咲き始めが案外だったのにはささやかな感銘を受けた。
 今も藤はこの穀雨の中で更に成長をし続けている。
 或る雨あがりの早朝のこと、艶やかな紫一色に染まった藤棚を仰げば、その隙間の遥か向こう側に広がる青空にポッカリと白い雲が浮かんでいた。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/225-ab153e41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。