上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 “火事と喧嘩は江戸の花”という言葉に、誰しも聞き覚えがあるはずだ。
 時代劇が大好きという方なら、北島三郎を頭とした“め組”の纏を高々と掲げた町火消しの粋な姿が即にでも浮かぶことだろう。
 実際に江戸の街は火事をはじめ常に風水害に悩まされ続けた都市であった。
 その中でも明暦三年(1657)の大火は、江戸市中のほぼ全域をのみ尽くし、焼死者は十万人に及んだと伝えられる。

 以前に発掘調査をした港区芝田町五丁目町屋跡遺跡にも、そうした被災状況を物語る痕跡が多々認められたのを思い出す。
 例えば掘り下げた土層断面を観察すると、被熱作用により赤く焼けた層が幾重にも存在する。
 もちろん炭化した木片も集中している。
 こうした層が深さ2メートル下まで確認され、焼け跡を整地する度に嵩上され新たに生活面を形成してきたことが理解できる。
 発掘はこうした数次の生活面を、上層から一枚づつめくるように掘削するのである。
 当然、掘り下げるにしたがい時期は古くなる。

 さて、この遺跡の性格を簡単に紹介しておくと、古地図上では旧東海道に面した位置にあり、町屋が形成されていたことが分かる。
 特に興味深いのは街道筋に面した側には土蔵跡が見られ、大店を構えた富裕層の居住空間であることが推測される。
 その裏側には、長屋が軒を連なれ、庶民層の空間が広がる。
 長屋跡の路地には木樋の排水溝と、その奥には井戸やゴミ捨場が設けられている。
 そして幾つものゴミ穴が掘っては埋められ、中からは古伊万里や古瀬戸をはじめとした多量の陶磁器片や、サザエやハマグリの殻、獣骨や魚骨など食べかすがまとまって出土する。
 まさに江戸は一大消費地として、全国津々浦々からあらゆる物資がもたらされていたことを証明するかのようである。

 それは江戸から東京へと150年の時間を経た現代社会でも、ゴミ問題や災害への危機感は同じ悩みの種となっている。
 隙間のないほどの遺構の密集度にも、21世紀を生きる我々とさほど変わらぬ息苦しい住環境に生きた先人を思うと、同情にも似た親近感すら覚えてしまう。

幕末面の調査風景_convert_20140629144621


 しかし、災害の度に見事に街を復興させていく逞しさには、大いに見習うべきものがある。明暦の大火は開府以来の中世的都市を一掃し、代わって都市計画に基づいた新たな近世都市を出現させることになった。新生の高らかな槌音は地方からも多くの人々を招き寄せ、江戸は一気にその市街地を広げることになる。
 そして次に迎える元禄期には町人の豊かな経済力を背景とした、浮世絵や歌舞伎や浄瑠璃など市井の文化の華を開かせ今日に至るのである。
 
 都市として東京の姿は常に変化し続ける。
 6年後には東京オリンピックも控え、勢いはさらに加速してゆく。
 そうした未来志向の世相とまるで逆行するように、私は来月から江戸時代の遺跡を掘ることになる。
 そこに埋れているタイムカプセルを開けることにしよう。
 過去と現代を、さらに未来へと遥かな時間軸を紡ぎに、朝の混雑する通勤電車に押し合い圧し合い揺られ、いにしえの江戸の町に、いざトリップ トリップ。
 
 




関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/246-7adeff33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。