上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07.04 誰そ待つ


    夜ひらく 白粉花や 誰そ待つ


 昼間はタオルを絞るように先をきつく閉じていたのが、夕闇が迫るにつれ緩み開き始める花がある。
 白や黄色、それに艶やかな紫の小さな花々が、夏直前の心地よい風に靡き戯れる。
 さても夜にひらく白粉花とは意味ありげなと気になり、さっそく調べてみれば種子に粉状の胚乳があることから名付けられたとある。
 植物に造形の深い知人に訊ねれば、子供の頃顔に塗り遊んだものだと話してくれた。
 さらに遅い時間に開くことで夕化粧とも言うらしく、それにしてもつい妖艶な女性に由来を想像してしまうのは助平だからなのであろうか。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/247-8ee2acc6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。