FC2ブログ
111226_1925~001

2011年12月26日のダレヤメ

 仙台市の南に隣接して白石市がある。独眼竜で知られる伊達正宗の片腕として活躍した、片倉小十郎の城があるので有名だ。

 さて、ここの名産に温麵なるものがある。“うーめん”と呼ぶのだが、そうめんを3分の1ほどの長さにしたものと思えばよいだろう。料理法はそうめんを温めて食す、にゅうめんに近い。味噌ベース、醤油だしと味付けは様々で、ナスなどを一緒にして煮るのだ。

 この白石市内には温麵を製造するメーカーが多く、宮城県民だけでそんなに需要があるんかと思えるぐらい多くの工場が軒を連ねる。だが、その心配は無用で、やはりそうめんも製造している。

 ということで季節外れの白石のそうめんが格安で売っていたので、まとめ買いをしてしまった。まずは定番通り冷やしそうめんでツルツルと食したところ案外に旨い。腰がありのど越しも文句なし。三輪や揖保の糸と比べても遜色がないではないか。

 では、油ソーメンにと、さっつそく今宵のダレヤメに決定。アルデンテに茹でたそうめんを、手早く流水で余分な粘りをとる。さっと水を切り、今度はツナ缶とそのオイルで炒める。ネギなんかも入れ、味付けはそうめんの汁と塩をかるく振る。

 油そうめんは奄美の郷土料理で、沖縄ならスパムが入りソーミンチャンプルでゴージャス・バージョンとなる。白石の油そうめんの味はというと、これまたgoood。べたつかず、歯ごたえも申し分なし。
 思わぬ名産を見つけ嬉しくなり、翌日にその安い店に行ったら山積みにされてた束が全く無くなっていた。
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/25-0cc81ad8