FC2ブログ
2012.04.05 春の嵐に
譏・縺ョ蠏・1_convert_20120405171218

 4月3日。春の低気圧は台風なみの暴風雨を伴い、日本列島を西から東へと一気に駆け抜けていきました。横殴りの雨に、傘は全く役にたたず、遂には骨が折れ曲がる始末です。
 東京でも昼を過ぎた頃になると雲行きが怪しくなり、早々と仕事を切り上げ帰宅を急ぐ人々が駅に詰めかけて、まるで朝夕のラッシュのような混雑となりました。
 と云うことで私も遠慮なく早々と帰り支度をするなか、蕾をつけた桜のことが少し気になりました。いつもの年ならば、大濠や西公園で花見を楽しんでいたのですが、今年は満開のニュースが届いた矢先の出来事で、少しばかり福岡の事も気になります。
 東京はと云うとまだ蕾の状態ですが、咲かす事なく散るのか・・・。
 さてさて、一夜明ければ快晴の春の陽気漂うビルの谷間街には、使い物にならなくなった無残な傘の山が至るところでみられたのです。

「傘させど 春の嵐は 情けなし 骨折れ裂け 花散りぬれぬ」
 
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/35-3e4e61ce