FC2ブログ
2012.08.01 湾岸鉄道
まるで大きな湖のように穏やかな海原が広がる大村湾。その東岸を佐世保と諫早を結ぶのがJR大村線だ。その途中にある千綿駅のある東彼杵町は、江戸時代から続いた捕鯨で賑った町であった。だが、かつての面影を見出すのはむずかしい。そこに時代から取り残されたような駅舎がある。

DSC01842_convert_20120730171451.jpg
無人の改札口の向こうは一面が大村湾。


P1090111_convert_20120730170634.jpg
 目の前は海。右も左も海。鏡の中も海。海、海、海だ。


P1090118_convert_20120730170730.jpg 
来た来た。懐かしいツートンカラーのデーゼル電車。


DSC01851_convert_20120730171556.jpg
電車は1時間に1本しか停まらない。なかなか来ないながらも、海を眺められるホームは厭きることない。


PICT0053_convert_20120801130041.jpg
 夕闇がせまれば無人のホームには電燈がともり、水平線の向こうも赤々と染まりはじめる。


PICT0058_convert_20120801125833.jpg
 少し時間をおいて、今度は反対方向に向かう電車が到着した。単線なので上り下りが、交互に停車していく。


DSC01866_convert_20120730172335.jpg
 夏の夕焼けをゆっくり横切り、海岸電車は進む。今度は乗ってみようかな。


関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/56-9f6ea67f