FC2ブログ
2012.01.03 悲怨が翼
旧調布飛行場の掩体壕

2011年11月25日
 夏の暑い盛りに掩体壕なるコンクリートドームの保存整備の仕事に携わることになり、それがようやく一区切りついた。
 ここは旧陸軍の調布飛行場があった場所で、米軍のB29の空爆から帝都東京を護るため零式戦闘機を改良した飛燕の退避させる壕だ。
 資材の少ない時の構築物で、粗悪なコンクリートから剥きだしの鉄筋が至るところで覗く。
 太平洋戦争から半世以上が過ぎ去り、今では住宅が所せましと立ち並ぶ空き地に、ひっそりの残されていた掩体壕は、悲惨な戦争を静かに物語る遺構となった。

「蝉時雨れ 悲怨が翼 若鷹の 抜け殻が空 鎮魂となれ」
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/6-5930bd98