FC2ブログ
2012.01.03 観世音寺の鐘
観世音寺の鐘

2011年12月10日
 師走のはじめ、大宰府の観世音寺に釣鐘を見に訪れた。この鐘は奈良時代に鋳造され、国宝にも指定されている。
 かの菅原道真も「都府楼はわずかに瓦の色を看、観音寺はただ鐘の声を聞く」と情緒ある風景を詠んでいる。それが毎月18日の13時と大晦日の日だけ撞かれ、天平の音をいつか聞きたいものだとひとり感慨にふけ入る夕暮れであった。
 そしていま仙台で発掘調査中の鐘を鋳造した遺構を思い、奇しくも復興の一大事業であった陸奥国分寺再建の歴史と、今回東北地方を襲った大震災を重ね合わせての詠んでみた。

「まほろばの 鐘を訪ねし 都府楼に 陸奥の音重ね 祈る年瀬かな」
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://miroku0922.blog.fc2.com/tb.php/7-6ca97f18